CATEGORY

ハイアット

高級ホテルとクルーズ?スモールラグジュアリー?〜ハイアットの最近の動向について

ハイアット系列はもともと、その他のホテルチェーンに比べて、ホテルの絶対数がかなり少ないのです。圧倒的なホテルのバリエーションを誇るマリオット、中心となるミドルクラスホテルが牽引して世界的に大規模な展開をしているインターコンチネンタルやヒルトンなどに比べると、随分とさびしいものです。 洗練された雰囲気や「ハイアット・タッチ」と呼ばれるホスピタリティを売りにしていて、またロイヤルティプログラムであるW […]

アンダーズソウルカンナム(江南)宿泊記〜ホテルの施設と朝食のリポート

2019年にソウルで3番目のハイアット系の高級ホテルとして登場したアンダーズソウルカンナム(江南)。前回はその客室「アンダーズスイート」についてのリポートをしました。今回はホテルの施設と朝食の様子についてご紹介したいと思います。 このホテルは、映像を効果的に使った賑やかなロビーエリアに対して、パステルカラーの淡く落ち着いた雰囲気の静かな客室というギャップがなかなか面白いところだと思います。 我々が […]

アンダーズソウル江南(カンナム)宿泊記〜アンダーズスイート編

韓国の首都ソウルは中心を東西に流れる漢江を隔てて、南北に都市部が分かれています。北側は明洞などの繁華街や景福宮や仁寺洞に代表される歴史的な景観が連なり、アジアの都市らしい混沌とした雰囲気があります。もう一方の南側は現代になってから開発が急速に進んだ地域であり、ソウル市の新しいエネルギーが渦巻くエリアといえましょう。 ハイアットに関して言えば、北側にはグランドハイアットソウルがあり、南側にはパークハ […]

グランドハイアット福岡宿泊記〜そのポップな魅力について

ホテルはやはり立地している周辺地域の空気感や辿った歴史を取り込んで、その「ホテルらしさ」のようなものが生まれてくるような気がするものです。例えば、帝国ホテルに足を運んでみると、1970年代的なホテル建築の持つ味と同時に、日比谷という場所がもつ「堅さ」とか、ホテルのもつ歴史的な役割(それがいいか悪いは別として)から醸し出す雰囲気を味わえるような気がするものです。もちろんホテルのスタッフの印象や設備面 […]

ハイアットプレイス東京ベイ宿泊記〜開業直後レビュー

2019年7月1日についに浦安にオープンした【ハイアットプレイス東京ベイ】に開業翌日に宿泊してきたので、今回はそのときの様子をリポートしてまいります。 今回の滞在は夜に到着し、翌日の早朝にチェックアウトしてしまうという、非常に短いものでした。ホテルの隅々までゆっくりみられたわけではありませんし、朝食も含めて料飲施設の利用もありませんでした。そのため客室などの大雑把な印象が中心となってしまいます。し […]

ハイアットリージェンシー東京宿泊記〜ビューデラックスルームキング

まだその数は少ないとはいえ、それなりに全国各地に着実に増えていくハイアットのネットワーク。その日本初のホテルといえば、新宿副都心にあるハイアットリージェンシー東京です。そもそもの運営主体は小田急で、かつては「センチュリーハイアット」という名前でした。 このホテルを特徴付けるのは、まずなによりもエントランスから見上げるスワロフスキークリスタルのシャンデリアとシースルーエレベーターにあり、1980年の […]

ホテルエクラット台北宿泊記(2)〜台北のSLH・プレミア9ルーム

前回は台北にあるSLHとして個性の光るホテルエクラット台北の全体を紹介をしました。大規模なホテルにはない細やかな配慮や美術館のような個性的なインテリアが魅力の同ホテルですが、質感にこだわりのあるハイレベルな客室が印象的です。 今回の滞在ではホテルエクラット台北の客室の中でも、とりわけユニークな「プレミア9ルーム」にアップグレードされました(ハイアット+SLH特典にて)ので、その様子をリポートしてま […]

ホテルエクラット台北宿泊記(1)〜ハイアット+SLH特典で堪能する台北の個性的なホテル

ハイアットのロイヤルティプログラムであるWorld of Hyattが、スモールラグジュアリーホテルズ(SLH)と提携するようになってから、もうしばらく経ちました。この提携はすべてのSLH系列のホテルを対象としたものではなく、徐々にその提携範囲を拡大していくという発表がされていますが、2019年4月現在、日本国内だとまだニセコの「Kasara Niseko Village」しか登録されていません( […]

ハイアットリージェンシー厦門五縁湾宿泊記(2)〜朝食&レストラン紹介

前回は「ハイアットリージェンシー厦門五縁湾」の客室を紹介しました。シンプルなモダンチャイニーズという雰囲気を持ったなかなか素敵な空間でしたが、こうしたインテリアコードはレストランにも通じています。今回はこのホテルの「マーケットカフェ」での朝食の様子と、広東・福建料理レストランの「Xiang」での飲茶ディナーの様子をリポートしてまいります。 ハイアットリージェンシー厦門五縁湾の朝食 まずは朝食の様子 […]

ハイアットリージェンシー厦門五縁湾宿泊記(1)〜ベイビューキング

経済発展著しい中国の都市部(と一部のリゾート地)には、外資系のホテルが続々とオープンしていますが、それはハイアットも同じです。 とりわけ宿泊回数でハイアット修行をしている方にとっては、中国は世界でも魅力的な場所のひとつと言えるかもしれません。以前にこちらのページでもご紹介したように中国のハイアットは宿泊レートが割安でありながら、質の高い客室やサービスに出会うこともできる。そして日本からも比較的近い […]