ハイアット
CATEGORY

ハイアット

【グランドハイアット東京宿泊記2021】グランドエグゼクティブスイートに泊まる、思い出す。

ふりかえったらほとんど1カ月が経っていた、というのが正直なところです。東京を離れることがなくなったとはいえ、ホテルに泊まるということが嫌いになったわけでもないし、こうしてブログに記事を書かないまでも好きなホテルにはときどき滞在する機会は何度もありました。パートナーと一緒によく泊まっていたのがグランドハイアット東京。グランドエグゼクティブスイート。扉を開くと花柄の大きなソファーが置いてあって、コンテ […]

【2021年・グランドハイアット東京宿泊記】ときにはラウンジとプールでゆっくりと

昨今の社会状況であまり遠くに旅をすることも難しくなり、東京周辺の好きなホテルで静かに過ごすことが多くなりました。改めて考えてみると、グランドハイアット東京は私にとって特別なホテルのひとつです。これまでに何度もひとりで滞在してきたホテルであり、またパートナーと出逢った場所でもあり、家からもほどよく近く、頻繁に足を運んでいます。それほどまでに馴染み深いホテルではあるのですが、同時に、いつ行っても新鮮な […]

【2021年版】ハイアットリージェンシー京都宿泊記・このホテルの過去と現在を振り返る

久々にハイアットリージェンシー京都に宿泊してきました。パークハイアット京都が開業してからというもの、軽い食事で訪ねたことはあったものの、滞在したのは久々でした。元を辿れば、私がハイアットの魅力に目覚めたホテルのひとつでもあり、よく京都周辺での仕事の折にひとりステイをしていた場所でもありました。 今回のホテルリポートは、過去の記事を振り返りつつ、再構成しながら、2021年現在のこのホテルについての想 […]

志摩観光ホテル宿泊記・静かな英虞湾を望むSLHで過ごすひととき

近鉄名古屋駅ほど旅情を誘う日本ターミナル駅はそうそうありません。 路線図を見通すと、大阪方面や奈良、京都、そして伊勢志摩方面の地名が広がっています。1時間に何度もやってくる様々な種類の特急列車を眺め、ここではないどこかに遠くいざなわれるような気持ちになりながら、ホームを歩いていると聞こえてくる物寂しいメロディ…イヴァノヴィチのドナウ川のさざなみ。 ブザー音のあとに、プシューという音を立てて列車が出 […]

2021年をパークハイアット東京で迎える

もし初日の出を見るならどこから見たい…? そういう会話を交わした気がします。その答えは人によって様々であるけれど、毎年、私は大晦日をホテルで過ごしていました。ただ、泊まったことはなくて、夜に日系老舗ホテルのオールデイダイニングとかバー(一昨年までは深夜まで営業しているお店もそれなりにあったのですよね)で食事をしていました。そして都内をドライブして、深夜に家に着いてそのまま疲れて眠る。目が覚める頃に […]

グランドハイアット東京に2020年のクリスマスに宿泊するということ

サプライズプレゼントを贈る、ということについて、私はいつもドキドキするものです。 ある日、友人のひとりにそんなことを話したときに、「どうせ、自信たっぷりの表情で堂々と(察しのとおりキザっぽく)プレゼントを渡してるんでしょう?」と言われたことがありましたが、そんなことはありません。むしろついつい相手の反応が気になり、もし彼女のそれほど好きなものじゃなかったらどうしよう、とかあれこれ余計なことを考えて […]

【2020年版】パークハイアット京都宿泊記・今年滞在した京都のホテルを振り返りながら、改めてこのホテルの魅力を語る

結局のところ、パークハイアットが好きだ。いまそういう思いを強くしています。今年になってから様々なホテルを訪ねてきました。京都だけに限って、少し時計の針を戻して振り返ってみましょう… 2月にパークハイアット京都に滞在したときは、ちょうど節分で、二念坂ハウスの開放的な眺めの中で、季節の変わり目をしみじみと思ったりしたものでした。このときスタッフ全体のサービスレベルの向上に驚き、このホテルの魅力を改めて […]

ベーシックス福岡宿泊記・リージェンシーの名残、そしてグランドハイアットへ

ちょっと前の九州の福岡の中心部にはふたつのハイアットがありました。今もキャナルシティ博多に位置するグランドハイアット福岡、そして博多駅の筑紫口にも程近いハイアットリージェンシー福岡がそれです。リージェンシーの方は、2019年にハイアットとの契約が切れて、一時閉館となりましたが、2020年にザ・ベーシックス福岡へとリブランド・オープンしました。 思い返せば、かつて福岡を訪ねたときには、ひとりで「リー […]

そわか(SOWAKA)宿泊記・日本を強く感じる京都祇園のスモールラグジュアリーホテル

ホテルに滞在することの楽しさのひとつは、日常生活を異化させることにあるといえますが、同時に、旅先では日常生活的な安らぎを感じられる居場所のような役割を求めることも否定できません。言い換えれば、素晴らしいホテルとは、現実を忘れさせながら、心からくつろげる場所であると言えるでしょう。 京都には数多くの魅力的なホテルが次々に開業していますが、ハイアットファンである私にとって、2020年の夏にSLHとの提 […]

パークハイアットニセコHANAZONO宿泊記・大空に抱かれるラグジュアリーホテル

北海道は札幌の街から車で小樽。そこでしばし休憩を取ってから、夏でもなお荒々しい日本海をかすめて、余市。そこからこの北の大地らしい広々とした田園を抜けて、山を超えると、雄大な自然に抱かれたニセコの地にたどり着きます。距離にしたらものすごく遠い距離ではないかもしれないけれど、とても長い旅をしたような達成感があります。パートナーをかたわらに載せながらSUVで道を超えていくとき、ふと頭の中にはPPMの50 […]